CSR(Corporate Social Responsibility)推進事業部

CSR推進事業部

主な業務内容について教えて下さい。

CSRは会社が持続存続していく上で必須なもので、その取り組みはとても大事です。

社会の要請に応えるべく自動ドアを通じて社会問題の解決を目指しています。

当社はコアバリュー経営としてコア・パーパスやコアバリューを定め、CSRの基礎的部分であるコンプライアンスに対する自覚を促すよう、国策やセミナーの情報を社内SNSを通じて毎日のように配信しています。
また、CSRのうち、本業を通じた社会貢献として、自動ドアにかかわる方々と共にNPO法人全国自動ドア産業振興会を立ち上げて、福祉施設利用者のための自動ドア装置を寄付する事業を中心に、自動ドアの持つ有効性(必ず閉めてくれること、手を触れることなく通行できること)つまり「バリアフリー・省エネ・感染症対策」への有効性について啓蒙活動を行っています。

CSR推進事業部

そのほか、自動ドアに関する基準の整備や自動ドアに対しての豊富な知識を持ち、確かな技術を持つ保守メンテナンス管理者を育成するために、保守メンテナンス管理者試験を実施しています。

職場の雰囲気を教えて下さい。

多くの行政の方々や団体との方々との協働作業が多いので、出会いがたくさんあります。地域特有の社会問題などにもふれることができます。問題を一つ一つどうやって解決できるか、地域の人が喜んでくれるかということを毎日、2人で話し合っています。

職場はおかげさまで、大変明るくいろいろな情報を交換しながら一緒に問題解決に向けての作業をしています。

職場全体で取り組んでいることについて教えて下さい。

職場全体では、業務がスムーズにいくように毎日様々な情報を交換しながら、改善に取り組んでいます。

それは、大きなこととしては3つ、保守メンテナンス管理者試験用の教科書作りと自動ドアの基準作り、そしてNPO法人の業務の改善です。

小さなこととしては現場調査用の資料並びに施工写真の編集など関係者のご協力を仰ぎながら改善していこうと計画を進めているところです。