私たちのゼロミッション
JADは2030年度までにカーボンニュートラルを目指します。

全世界共通の課題となっている気候変動問題への取り組みの一環として、日本自動ドアの国内外における事業活動によって排出されるCO2を削減し、持続可能な社会の実現に向けて未来へつなぎます。

中間期目標

環境ビジョン_中長期目標2

事業所で発生するCO2削減の取り組み

事業所で発生するCO2削減の取り組み

自動ドア使用によるCO2排出量削減の取り組み

  • 自動ドア装置の省エネ化
  • 老朽化した自動ドア装置の更新
  • 再生エネルギーの活用

CO2排出量削減の7つの柱

  1. 働き方改革の推進
  2. 全社員の意識改革(業務上におけるあらゆるムダの改善)
  3. 業務車両更新時にハイブリッド車、EV化を推進
  4. 自動ドア関連製品の省資源化、リサイクル率の向上
  5. 自動ドア装置の技術革新
  6. 森林事業におけるCO2吸収効果向上
  7. 定期的な取り組み内容の情報発信