フラットレールPRO

フラットレールPRO

フラットレールひとつで、バリアフリー、気密性、防犯機能の向上を実現

  • オプション

おもな特長

これまでの溝のある自動ドア用下部レールを、フラット構造に改良。
介護施設や病院などのバリアフリーのニーズに対応しています。
さらにL型金具の追加で雨風行きの侵入防止、防犯機能が向上しました。

1. すき間からの雨風雪を防ぐ。
2. 気密性を高め、省エネ効果。
3. L型金具を取り付けてあるので、ドアをこじ開けにくい持上げ防止機能も兼ね備えている。
4. 溝巾を5mmに抑えているので、杖、ハイヒール、ベビーカーの車輪、車椅子の車輪(補助輪)等が挟まらない。
5. 開口部がバリアフリー化される。

ドア下部からの風雨や雪の侵入を防ぐ 隙間にバールを押し込んで持ち上げ侵入する凶悪なケースを防ぐ 幼児や高齢者がつまずき転倒 レールに杖がはさまり転倒する心配がなくなりました。 車いす・ベビーカーなどの車輪がはさまり動けなくなることもありません。

フラットレールPROは、レール部表面がフラットであるだけでなく、L字型のフレ止め板があるため、ドア下部でのさまざまなトラブルを解消します。

フラットレールPROは、レール部表面がフラットであるだけでなく、
L字型のフレ止め板があるため、ドア下部でのさまざまなトラブルを解消します。